The 2023 season of the Mesa Temple Christmas Lights has ended. They will return in 2024 from 5 to 10 P.M. each evening from Nov. 29 through Dec. 31. Come and enjoy a wonderful feeling of peace and Christmas enchantment at the Mesa Temple & Visitors’ Center. See the Christmas lights and feel the spirit of Christmas at the International Nativity Display. All activities are open to the public, free of charge, and family friendly.

クリスマスのあかり

The lights will return in 2024 from 5 to 10 P.M. each evening from Nov. 29 through Dec. 31 on the north lawn of the Mesa Arizona Temple, 101 S. LeSueur, in downtown Mesa. Free parking is available nearby.

キリスト降誕のディスプレイ

Celebrate the original Christmas story by visiting the International Nativity Display — with hundreds of nativities from around the world. We invite you to explore the Christmas story as you witness inspiring works of art depicting Christ’s birth. The nativity display runs the same dates at the Christmas Lights event and is open 5 p.m. to 10 p.m. each evening at the Visitors’ Center, 455 E. Main St. (just west of the temple grounds on the corner of LeSueur and Main Street).

私を偲んで - キリストの壁画

メサ テンプル ビジター センターで、キリストの生涯と作品を記念する壁画を見に来てください。このツアーでは、救い主が提供する奇跡的な贈り物を思い起こさせる床から天井までの壁画を見ることができます。ビジター センターは、ホリデー シーズン中、午前 10 時から午後 10 時まで一般公開されています。ガイド付きツアーとセルフガイド ツアーを利用できます。

アリゾナ・ギビング・マシーンズ

What is a Giving Machine? This vending machine is full of service items needed by selected Arizona charities and 100% of the funds collected go directly to the donated items and the receiving charities. Light the World Giving Machines will return to Arizona during the 2024 Christmas season. Those unable to visit a machine in person can still participate by making an online donation at LightTheWorld.org/give.

営業時間と駐車場

クリスマスライトアワー: 毎日夕暮れから午後 10 時まで

ビジターセンターの休日: 毎日午前10時から午後10時まで

クリスマス降誕時間: 毎日午後5時から午後10時まで

行き方を調べる

よくある質問

いつですか?

The lights are on every evening, 5-10 p.m., from the day after Thanksgiving to New Year’s Eve each year. Visitors are also invited to enjoy the Mesa Temple grounds during the day and the Visitors’ Center across the street during extended holiday hours, 10 a.m.-10 p.m.
A unique display of international nativities from around the world is hosted inside the Mesa Temple Visitors’ Center. The event is free and open 5 p.m. to 10 p.m. during the Mesa Temple Christmas Lights event.

それはどこにある?

メサ テンプルの北の芝生、101 S. LeSueur、メサのダウンタウン、LeSueur と Hobson の間のメイン ストリートにあります。

どこに駐車すればいいですか?

無料駐車場は、メサ ドライブの北東の角にある市のパーク アンド ライド ロットと、メサ テンプル ビジター センターのすぐ北にあるメイン ストリートにあります。
訪問者には、バレー メトロのライト レール システムを利用して寺院の敷地に行くことも勧められました。ライト レールのパーク アンド ライドの場所は、ギルバート アンド メイン、ドブソン アンド メイン、およびライト レールのルート沿いのその他の場所にあります。ライトレールの停留所はメサ寺院のすぐ西にあります

RAIL バレー メトロ レール |バレーメトロ

神殿でのクリスマス ライト イベントの間、メサのダウンタウンで他に何が行われているのでしょうか?

International Nativity Display at the Visitors’ Center during Christmastime. Enjoy hundreds of nativities from around world, 5-10 p.m. inside the Mesa Temple Visitors’ Center, 455 E. Main St. Free admission.

障害者用駐車場はありますか?

ホブソンの北寺院の敷地のすぐ東にある特別なニーズの駐車場。駐車係員が訪問者を支援します。
境内南駐車場に身障者用駐車スペースがございますが、火曜日から土曜日は午後7時30分以降まで寺院利用者のみご利用いただけます。日曜日から月曜日まで終日営業しています。

無料なの?

はい、メサ寺院の敷地内での照明イベントや、通りの向かいにあるビジター センターでのキリスト降誕の展示は無料です。

誰でも来れますか?

絶対!どなたでもご参加いただけます。

メサ神殿にはビジターセンターがありますか?

Yes, while visits inside the temple are reserved for members of The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, the Mesa Temple Visitors’ Center is located directly across the street on the northwest corner and is open to all! Learn about Mesa’s culturally diverse history, enjoy interactive areas for children and teens, find a listing of local service projects, see a 3D model of the Mesa Temple, watch a gospel-related video, access family history research resources, and much more! Open during the holidays 10 a.m. to 10 p.m.

ライトアップイベントはベビーカーや車椅子でも利用できますか?

はい、広い通路はセメントと砂利でできており、ベビーカーと車椅子を通行できるはずです。車椅子は各自でご用意いただく必要があります。どれも利用できません。

質問がある場合やアイテムを紛失した場合、誰が助けてくれますか?

夜はホストが訪問者をサポートします。彼らは赤いバッジを付けています。または、物や人を紛失した場合。

メサ神殿のクリスマス ライトの歴史

「私たちの使命は、神殿の美しさと高潔さを映し出し、すべての人々にキリストの精神を感じさせる神聖なクリスマスの装飾、音楽、光を、謙虚にふさわしい形で創造することです。」
メサ テンプル クリスマス ライト ミッション

40 年以上にわたり、メサ アリゾナ テンプル ガーデンの照明は、光を楽しみ、この神聖な場所の精神を感じるために訪れる多くの人々にとって、休日の伝統となっています。

小さなイルミネーションとして始まったこのイベントは、やがて南西部で最大のクリスマス イルミネーション イベントの 1 つに成長し、最近ではホリデー シーズン中に 150 万人以上が訪れます。

はじまり

このイベントは、1979 年にメサ寺院の L. ハロルド ライト会長が、寺院の敷地に照明を当てることが「地域社会への贈り物」になり得ると考えたときに始まりました。

最初のシーズンでは、ディスプレイには 5,000 個のクリアとブルーのライトが含まれ、ビジター センターの屋根とコンセントが利用できる反射プールを中心に配置されました。

ディスプレイは年々増加

15 年間、Murray と Nordessa Coates は、照明の祭典の開発、設計、および演出の任務を割り当てられ、毎年その成長を助けてきました。

 

木々や低木、さらには背の高いヤシの木までもが光で覆われていました。早い段階で、男性は手のひらを登ってライトを配置し、後に「チェリーピッカー」が高さ65フィートの木に到達するために使用されました.

 

1985 年に新しいスプリンクラー システムが寺院の庭園に設置されたとき、地下の電線が追加され、より多くのコンセントを利用できるようになり、庭園全体に照明を配置できるようになりました。

「必見の祭典」と呼ばれるイベント

1984 年と 1985 年には、ラクダ、ヒツジ、その他の動物が登場するキリスト降誕のライブ シーンがプレゼンテーションの一部でした。同年、ABC のテレビ朝番組、グッド モーニング アメリカは、アリゾナ神殿の庭園の照明を米国で「必見」の 3 つのホリデー ライトの祭典。

祝賀行事に音楽が加わり、さまざまな地元ミュージシャンが毎晩コンサートを開き始めました。さまざまな文化や音楽スタイルを代表するグループには、アリゾナ州中の家族、学校や教会の合唱団、個人のアンサンブルが含まれます。

 

1990 年代初頭までに、300,000 個を超えるライトが寺院の敷地を飾り、背の高いヤシの木からぶら下がり、枝からぶら下がっている木の幹にしっかりと巻きつき、花壇と低い壁を覆う花束のようなアレンジメントに集まっていました。

毎晩、バレー周辺からの訪問者でいっぱいのチャーターバスが寺院に集まり、展示を目撃しました。寺院が指定されたルート上にないときでも、一部のバスの運転手は、乗客が壮観な光景を垣間見ることができるようにコースを調整することが知られていました.

聖書の場面はキリストの誕生の物語を語る

敷地内には、約 15,000 個のライトを備えた星の下にある大きな屋外クレッシュ、羊飼いの畑、メアリーとヨセフの置物、預言者イザヤ、3 人の照明付きの賢者を含む、キリストの誕生の物語を伝えるために設計されたさまざまな展示があります。ラクダ。

2000 年代初頭、メサのジュリー マクファーランドは夫のカートと共に照明監督を務めていましたが、2000 年 12 月号の The Ensign の表紙にインスピレーションを得て、絵画「ベツレヘムへの道」を取り上げました。ジョセフ・ブリッキー著。

 

「敷地内にもっとスピリチュアルなものを追加したかったのです」とジュリーは言いました。 「この絵は、その瞬間の静かな性質を捉えているように見えました。」

この人形は、アリゾナ州サフォードの芸術家で彫刻家のレニー・ゴッドフリーの作品で、2005 年に寺院の敷地内にデビューしました。ロバの尻尾は馬の毛でできており、針でまつげと髪を挿入し、天然物で生地を手染めし、中東諸国からのアイテムを固定しています。

 

「私はできる限り自然で本物であるように努めています」と彼女は言いました. 「これに取り組むことは私にとって大きな意味があり、心を動かし、他の人をキリストに導く何かを作ることができることを願っています。それがこれらのイメージのすべてです。」

 

2015 年には、ビネットの近くに特別な QR コードが追加されたため、訪問者は携帯電話を使用して、描写されているこれらのシーンの追加のビデオや情報にアクセスできます。

ボランティアがそれを実現させます

贅沢な光の祭典が可能になったのは、この忙しい時期に舞台裏でボランティアをしている何千人もの人々が、この忙しい時期に自分自身を捧げ、非常に多くの人々の休日を明るくする何かの一部であることを喜びとしているからです.

 

これらのボランティアの一部は、ライトの棚卸を開始する春に作業を開始します。大多数は 11 月に熱心に働き、寺院の敷地を息をのむようなディスプレイに変えます。

This ad hoc lighting crew comes from dozens of stakes in the Phoenix metro area. Many of these volunteers are young single adults, aged 18-31, who regularly show up on Monday nights to the warehouse where the hundreds of thousands of lights are stored year-round to design and assemble items to be a part of the display.

訪問者は特別な精神を感じる

"すごい!"ユタ州のリーズル・カルドンは2017年にチャーチニュースに語った.彼女は初めてライトショーを訪れた. 「プールに映る寺院が特に好きです。」

 

彼女は、寺院の北側にある小さな反射池に浮かんでいるように見える大きな白いキリスト降誕の前で、彼女の仲間であるテキサス州の CJ Passantino と一緒に立ち止まりました。どちらも BYU の学生です。

 

「水がどれほど穏やかかを考えていました」と彼女は言いました。 「救い主の贖罪と祈りを通して,わたしたちが救い主から与えられる平安の賜物を思い出させてくれます。平和な場所です。」

パキスタン出身でアリゾナに住んでいたルブナ・デントは、2016年に訪れました。

「私が入った瞬間、私は畏敬の念を抱きました」と彼女はチャーチニュースに語った. 「人々は心からキリストの光と希望のメッセージを広めようとしています。彼らが愛と奉仕からそれを行う方法は驚くべきものです。」

 

Mesa のレイシー・エイムズは、2017 年に大規模なキリスト降誕シーンの近くに立って、描かれた瞬間の重要性について 3 歳の男の子に説明しました。

 

「プレゼントの誇大宣伝の代わりに、私たちはクリスマスの真の意味、つまりキリストに焦点を当てようとしています」とレイシーは言いました. “他では見られないクリスマス ライトを見ていると、寺院の敷地内にはいつも特別な精神があります。”

毎年恒例の伝統のブレイク

2018 年 5 月、メサ神殿は、建物とその周辺の大規模な改修工事のために閉鎖されました。照明イベントは 2021 年まで中断され、神殿は 12 月に奉献され、公開のオープンハウスと奉納の週末に神殿の敷地に置かれたクリスマスの装飾は大きな白いキリスト降誕だけでした。

2022 年にクリスマス ライトの「贈り物」が帰ってくる

2022 年、寺院の北側に光が再び輝きを取り戻しました。

感謝祭の翌日から大晦日まで、毎晩午後 5 時から 10 時まで、寺院の境内の広い通路が参拝者で埋め尽くされます。

寺院の敷地内での照明イベントに加えて、世界中の国や文化からの 100 以上のキリスト降誕を特集した、大規模な国際的なキリスト降誕の展示も毎年開催されます。クリスマス シーズン中は、メサ寺院ビジターズ センター (寺院の敷地の北西角のすぐ向かい) 455 E. Main Street にある多目的室で開催されます。