ライティングワークショップ: パンデミック体験 - 歴史のために自分の物語を書く (個人の健康ではなく) - ROEN

イベントを読み込み中

ライティングワークショップ: パンデミック体験 - 歴史のために自分の物語を書く (個人の健康ではなく) - ROEN

0 コメント
349 ビュー

Winston Churchill is credited with saying, “Never let a good crisis go to waste” at the end of World War II. That is, when something bad happens, what can we learn from it? In this workshop, you are not expected to reveal details about your personal health or the personal health of anyone who has confided in you. Instead, this workshop is an opportunity to write about how the pandemic has changed the world in which we live. It has affected how we work, how we learn, how we play, how we navigate life. What observations and insights about the pandemic can you share with future generations?

デュアン・ローエンは 10 代の頃から自分のルーツをたどり、32,000 人を超える先祖のデータベースを構築しました。彼と妻のモーリーン・ローエンは、1978 年以来、子供たちや他の家族について毎日 19,000 件以上の日記を書き、家族の歴史を記録しています。デュアンは仕事上の興味と個人的な興味を組み合わせて、アリゾナ州立大学で家族歴史の執筆と記録に関するコースを設立するために同僚と協力しました。彼はまた、ASU の統合科学芸術学部における家族歴史の執筆と記録のためのプロジェクトの創設コーディネーターでもあります。

クラスの配布資料を印刷するにはここをクリックしてください

詳細

日付:
6月29日
時間:
午後7時~午後8時30分 MST
イベントカテゴリー:
ja日本語